中国ロックなんてどうよ?

国境やジャンルなんて飛び越えちまおうぜ

最新の記事

体中が痛い (08/25)  強く揉まれすぎたかな~ (08/16)  しんふぁんやんいー (08/14)  こら!こら!無茶すんなよな! (08/10)  やっぱ何か起きそうな予感 (08/07)  ツーブロック (08/05)  涙こらえて・・・・・・・・・・・・・・・・赤レンジャイ! (08/03)  固有名詞出さずにそれなりにうまく書けたかな (08/02)  ごんちゃんだん わんすい! (07/30)  日本旅行記ラスト (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

アドレス張(ロック系) 日付をクリックしたら見れます!

  1. 名前: 管理人 2005/11/14(月) 05:54:34
     残念ですがライブハウスと言っても日本みたいにライブだけのハコは今のところ2つほどしかありません。北京は基本的にバーの中に演奏をするスペースを作ってそこでバンドが演奏します。

     ここではそんな北京の熱いポイントを紹介しま~す


     1:新豪運(NEWGETLUCKY)バー  公式サイト
        
    住所:朝陽区女人街東方七彩大世界星ba路甲1号(朝陽区東三環女人街向かい 星Ba路バーストリートを200m程入って道の右側)
     
    TEL:8448ー3335

    営業時間:18:00~翌2:00

    席:200席{昼間はレストラン。ロック系ライブの多いバーの中では最もキャパが大きく、そこそこ綺麗で音響設備はアンプは普通だがドラムはカノウプスと豪華。ビリーシーン(元MR,BIG)やジョージリンチ(元DOKKEN)、SIMPLEPLAN、崔健のような国内外問わずビッグアーティストが来る事もある。立ち見用フロアは柵で区切られているので座って見ていても暴れている客にぶつかる事はない。平日もお抱えの数バンドがライブをやっている。道を挟んですぐ向かいには有名ロック歌手”鄭鈞”の経営するバーLOGOSがあり、入口は彼の写真でいっぱいである。}


     2:什麼(WHAT)バー 公式サイト

    住所:{西城区北長街72号(故宮西門北)}

    TEL:13341122757

    営業時間:16:00~翌2:00

    席:20席(狭いのでライブがある時は座れない。音響は最悪。基本的にインディーズバンドが演奏している。パンク系のライブではモミクチャにされる覚悟が必要)

     3:13CLUB    公式サイト  
    住所:海淀区藍旗営161号成府路西側路南(五道口の電車の駅を西に行き、または北京大学の東門を東に行き、道の北側にある上島珈琲の歩道橋を挟んで道の向かい。)

    TEL:82628077

    席:約30席(全体に立ち見フロアが大きく、わりとライブ中心な作りになっているが音響設備は最悪。経営者は北京のメタルバンド軍械所のギタリスト劉立新。留学生の多い地区だけあって、留学生のイヴェントにもよく使われる場所)

     
     4:二個朋友バー(2 kolegas)  公式サイト

    住所:楓花園汽車電影院 (東三環路燕沙橋を東へ1500メートル。門を中に入り池のふもと)

    TEL:13651313823 13520086009

    席:約10席(というかここは普段はバーではあるが、外の広い草地スペースを使って特設ステージを設けてミニ野外ライブを行う事も。)


     5:星光現場(ライブハウス)    公式サイト 

    住所:東城区和平里西街79号糖果3F(地下鉄”雍和宮”駅を北口から出て2環路雍和宮橋下をくぐり約100m北)

    TEL:64255166又は64264436

    最大収容人数約1500名、大ステージ、本格的照明、荷物保管用ロッカー有り、北京初の日本式ライブハウス。音響も比較的良く、ここもドラムがカノウプス。会員制でチケット予約・配達などのサービスもあるようだ。一階はオールスタンディングで、2階にソファのあるVIP席が用意されている。北京のロック系のハコとしては最も雰囲気的な面で高級志向で、数々の外タレ(ZIGGYMARLEY・SONICYOUTH・NOFX・THEROOTS・EDGUY・etc)や国内スター(羽泉・黄征・etc)も呼んだりしている。

     
     6:D22バー  

    住所:13CLUBから西に徒歩1,2分

    TEL:62653177

    Email:d22@d22beijing.com

    最大収容人数約100人。アメリカ人経営のとても小さいバー。大きなイベントは行われず、基本的にインディーズバンドが中心。


     7:M.A.O   公式サイト

    住所:東城区鼓楼東大街111号

    TEL:64025080

    FAX:64025232

    E-mail:live@maolive.com

    07年本格的オープンの北京で唯一の日本人PA、そして東京のライブハウスでの店長経験もある日本人スタッフの居る本格志向のライブハウス。
    入り口付近はバースペースになっており、中の扉を開けると日本式のライブハウスが登場する。機材も北京でトップクラスでここもドラムがカノウプスだ。代表含め中国人スタッフはデザイン関係なので様々な面においてアーティスティックな場所だと言える。
    チケット料金も他のバーと同じくらいで、ドリンクも格安なので誰でも気軽に足を運べるようになっている。


    8:愚公移山   公式サイト

    住所:東城区張自忠路3-2号段棋瑞執政府旧址西院(地下鉄5号線張自忠路駅の出口から西に徒歩2,3分)

    TEL:010 64042711

    以前工人体育場付近にあったものが移転しリニューアルされ以前より広いフロア、トイレも綺麗でステージも大きく高さもありライブ中心の空間になっている。
    北京昔ながらの景観漂う通りに馴染んだ外観からは想像のつかない隠れ家的な場所だ。
    入り口付近には荷物預かり所があり、番号札と引き換えで荷物・上着等を預けられる。
    フロアがバーカウンター前の椅子・テーブル有り(階段上)とステージ前完全立ち見(階段下)で分かれているので、目的に合わせて選べるのも良い。
    スポンサーサイト
    トラックバック(0) [北京ライブハウス情報]

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。