中国ロックなんてどうよ?

国境やジャンルなんて飛び越えちまおうぜ

最新の記事

体中が痛い (08/25)  強く揉まれすぎたかな~ (08/16)  しんふぁんやんいー (08/14)  こら!こら!無茶すんなよな! (08/10)  やっぱ何か起きそうな予感 (08/07)  ツーブロック (08/05)  涙こらえて・・・・・・・・・・・・・・・・赤レンジャイ! (08/03)  固有名詞出さずにそれなりにうまく書けたかな (08/02)  ごんちゃんだん わんすい! (07/30)  日本旅行記ラスト (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

  1. 名前: marimari ◆hufKyueo 2005/08/13(土) 23:35:51 URL [ 編集 ]
    INORANのかっこ、実によく似合いそう。

    私にとってはLUNATIC TOKYOがものすごい影響力のある物だった。

    実は、今でもアレを見るとわくわくする。
  2. 名前: ワンカップ大関 ◆- 2009/04/20(月) 00:22:02 URL [ 編集 ]
    ハクエイ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

LUNA SEA

  1. 名前: 管理人 2005/08/13(土) 18:23:42
     全開に続いて2回目もまた日本のヴィジュアル系。まあ自分がバンド始めてしばらくの間影響を受けていたのが本当にそういう人達なのだから仕方が無い。

     この名前も知らない人はそこまで居ないだろう。皆が知っているカジュアルな河村隆一(LUNASEA在籍時のみRYUICHI)を始めギターのSUGIZO、INORANにベースのJ、そしてドラムの真矢の5人からなる彼らも最初はバリバリの化粧に長髪に「お前ら気合入れてががってごーーい!!!」なんて激しく顔を歪ませて叫ぶシャウトがお決まりのヴィジュアル系だったのだ。

     5人の出会いは90年頃の町田プレイハウス。エアロスミスのように、まず冴えない4人が光り輝くボーカルを見つけ、その5人が揃って初めて化学反応が起こったというのがバンドのスタートだ。事実SUGIZOのディストーション(*1)とINORANのクリーン(*2)というLUNASEA黄金パターンはこの時すでに出来あがっていた。
     音楽はいうまでも無いが、彼らは衣装にもかなりの気配りをしていた。全身黒に身を包んだメンバーそしてファン。黒服限定ギグというライブも開催したりある日突然全員白服で登場したり…それは彼らの音楽の世界観を表現するには必要不可欠で、今までKISSのような激しさ欲しさのメイクがメインだったヘビメタ経由のヴィジュアル系に替わり、耽美派と呼ばれたAUTOMODD・DEADEND・SOFTBALLET等が築いた土台をうまく発展させ、中性的な色気を求めるメイクとそれに合わせた雰囲気の音楽を奏でる90年代ヴィジュアル系の方程式を彼らは作ってしまったのである。後に続いたバンド(PENICILLIN、Dir en gray等)を見ればその影響は明らかだ(実際PENICILLINのVo、HAKUEIはインディーズ(*3)時代あまりにもSUGIZOと格好が似ている本人からボコボコにされたことがあるらしい。)

     そしてXJAPANのHIDEの目に止まった彼らは同じくXJAPANのYOSHIKIが主催するインディーズレーベルEXTACY RECORDSから91年に1stアルバムを発売。なんとこのアルバムは予約だけで初回盤が売り切れる程かなりな売上を記録し、そのままの勢いで92年メジャーへ。

     メジャー進出後もシングル「ROSIA」のヒット、同じくシングル「TRUEBLUE]でのオリコン初首位獲得を筆頭に着実に人気は上がり続けていった。しかし96年のメジャー4thアルバム「style」のツアーを最後に「このままでは俺達は破滅してしまう」と急に一年程活動休止。各自ソロ活動を経て98年4月にまた活動再開しいくつか作品をリリースしていたがソロ活動で各自のエゴやベクトルの違いを余計に成長させてしまったのか、2000年「終幕」宣言(事実上の解散)。

     各自その後も続けて音楽活動はしているがやはりあの化学反応に優るものは見られない。それだけあの5人はバランスがとれていたし影響力もあった。今でも楽器屋で彼らの楽譜を見かけると中学時代バンド仲間の家でおまけで付いていた写真まで舐めるように見ていたのを思い出す…

     個人的には初期の激しさが垣間見れるインディーズアルバム「LUNASEA」と油が乗り出した3rdアルバム「mother」がオススメ。そして自分はドラマーだけど一生INORANのファンです。彼の格好今でもしてみたいかも…

     (*1)ディストーション:ロックとかでよくギャーンって激しく鳴ってるギターの音。エフェクターというサブの機械を介して出る音。
     (*2)クリーン:簡単に言えばギターでそのままアンプにつないで出る音。ポロリーンという感じ。
     (*3)インディーズ:CDの製作や販売、広告等各方面を大きな会社を介さず自主的に行うバンド、会社。タダしそれも80年代当時の話。今では大きな組織が絡む立派な商売に。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(2) トラックバック(0) [牛biな音楽]

コメント

  1. 名前: marimari ◆hufKyueo 2005/08/13(土) 23:35:51 URL [ 編集 ]
    INORANのかっこ、実によく似合いそう。

    私にとってはLUNATIC TOKYOがものすごい影響力のある物だった。

    実は、今でもアレを見るとわくわくする。
  2. 名前: ワンカップ大関 ◆- 2009/04/20(月) 00:22:02 URL [ 編集 ]
    ハクエイ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。