中国ロックなんてどうよ?

国境やジャンルなんて飛び越えちまおうぜ

最新の記事

体中が痛い (08/25)  強く揉まれすぎたかな~ (08/16)  しんふぁんやんいー (08/14)  こら!こら!無茶すんなよな! (08/10)  やっぱ何か起きそうな予感 (08/07)  ツーブロック (08/05)  涙こらえて・・・・・・・・・・・・・・・・赤レンジャイ! (08/03)  固有名詞出さずにそれなりにうまく書けたかな (08/02)  ごんちゃんだん わんすい! (07/30)  日本旅行記ラスト (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ニューリリース情報

  1. 名前: 管理人 2006/02/07(火) 18:18:27
     ずっと楽しみにしていたタワレコ鬼視聴をようやくやらせて頂きました。どんな視聴かと言うと、まあ普通に視聴するわけなんだけどwとにかく好きなジャンルの多いワタクシは、店内設置の視聴コーナーを毎回ほぼ全部聴いて回るわけです。

    で、中国に滞在中でタワレコに行けない音楽好きの為に今回はそのレポートをするので、興味の無い人はここでリタイヤして下さいw

    まずはやっぱロックンロール関係から。
    THE STROKESの新作、凄いぜ!2年前の70’sリヴァイヴァル当時、THE HIVES,THE WHITE STRIPES,THE VINES,YEAH YEAH YEAHS等等腐る程出てきた”THE~~”みたいなガレージバンドの先頭を突っ走っていたブームの象徴だったバンドで、曲もやっぱり過去の焼き直し的な楽曲がずっしらと並んでて、思い出にすがり付くオジサン達や、あの時代の音を聴いたこと無い若者が新鮮に思って近づくファンで溢れていた感があったので、
    個人的には大好きな音楽だけど、なにも君達がやらないでいいだろ~と疎遠してた。
    でも、この新作は本人達の心機一転と相まって大胆にシフトチェンジが施されていて、”誰々に似てる”って楽曲が全くない!
    コッテコテのロケンローだったのに、メタルか?というくらいのギターリフも登場するわ、ハードコアも歌えそうなくらいのシャウトが出るわで今までとはまるで別物のイカしたロッケンローに大変化しちゃったわけ。こりゃチェックすべきだよ!!
    ジュリアンがセレブと結婚してひ弱になったなんてとんでもないよ!聴いたらわかるさ。

    そしてメタル勢では断然IN FLAMES!売れても売れてもまだこれだけやっちゃうか!ってくらいのスクリーモ、最高です。ここまでやっちゃうとなんかもう気持ちいいね。
    隣にあったEDGAYの新作なんてどうでも良くなってくるくらい…

    で今回ロッキンオン読んで一番気になってたのが、こちら”CLAP YOUR HANDS SAY YEAH!”。このバンド、どこのレコード会社にも(インディも)属さずにネット上での作品紹介だけで数万枚もレコード売り上げてしまい、噂を聞き付けたアメリカ中のインディロックファンが大興奮。多くのメディアも注目し始め、とたんに大人気のバンドに成り上がって今回晴れて日本デビューという恐ろしいバンド。クラップユアハンズセイヤー。
    そのエピソードだけでも凄いけど、バンド名もなんかカッコイイ。
    音的には、リズムはゆったりで、全体的にディレイとかワウとかキラキラのキーボード満載でフワフワした感じ?wテンションは基本的に低くてホノボノとしてて、そんな曲をビリーコーガン(the smashing pumpkins)が歌ってる、和み系ロックと形容すべきかな。
    でも、そこまでポップじゃない。やっぱりインディーズな匂いがする。だからこれからどんな売れ方するのか全く予測不可能だわ。
    アーケイドファイヤ好きな人にはオススメ。

    そしてもう一つ若手で凄い!と耳にしていたのがコチラ、”arctic monkeys”。
    全員19歳にして一枚目から完成度の高い曲を書くんだよ~噂通りです。
    普通若手バンドのデビュー作っていったら、初期衝動だとか青春だとかそういう要素が付いて回るけど、こいつらはそんなぶっきら棒な醍醐味じゃなく、シンプルかつ的を得ている、意外な曲構成など、ちょっとアダルトな感じだ。
    こう書くと大人しめな音楽に聞こえるかも知れないが、それも違う。ファンクっぽかったりダンスビートありとご機嫌なロッケンロールでノリノリなグルーブに酔わされまくる。むしろ踊って踊ってはっちゃけろって感じかな。
    個人的に今年一番のイチオシはこいつ等に決定!!1曲目から鳥肌立ちました。

    他にも若手のロックといえば、話題のTHE KOOKSとかDOGSとか聴いたけど、インパクト無かった。リバ不在で寂しがっていた者達の新しい拠り所とか書いてあったけど、全然リバティーンズのような危険な緊張感は無く、凄くポップで健康的だったぞ。

    ポップスで言うとやっぱMADONNAの新作は凄かった。森○千○とMADONNA、オバサンになっても愛せるのはやはりアンタだよ!ずっと続けて欲しいね。

    FRANZ FERDINANDも前作はちょっと聴いただけでどのバンドに影響受けたかすぐ分かるし全然馴染めなかったけど、この2枚目はまだイケるかな。ドユワナ~♪てつい合わせて口ずさんでしまった。

    JPOPでは東京事変の新作も良かった!!メンバーを多少入れ替えて、ジャズ的な要素が増えてますますパワーアップしてます。無限の才能の持ち主。本当のエロカッコ良さは幸田なんかじゃ務まらないよ。土屋ア○ナのなんちゃってロックに関してはもうコメントすら必要ない


    そしてオジサン達に嬉しい情報が一つ、TOTO再結成!!&ニューアルバム発売!!
    といっても今回のアルバムはヘヴィでモダンな要素も含んでいて若者でも全然聴ける!それに各曲のクオリティが高い高い!少なくともバンドマンは絶対聴いとけって感じ。

    オルタナ系で言うと、もう洋楽勢よりも向井さんが気になって仕方なかった。変体だよ、”ZAZZENBOYZ”。一曲目からイキまくりで、凄いの一言。こんなの出されちゃもうナンバガの影なんて追う必要無いよ、新しい伝説が動いてる…ここに

    パンク系ではねぇ、やっぱり横山健のニューアルバムでしょう。前回の第一弾がフォーク中心だったのに対し今回は直球ドPUNKやっちゃってます。やっぱ彼はこっちだよね。それにしてもハイスタの再結成の方も早く具体的な日時を決めてほしいもんだ。

    他にパンク系で若者に受けそうなので言うと、dreamstate。こっちは洋楽なんだけど、最近のニューパンクに一昨年くらいから流行ってる美メロUKロックを混ぜた感じ?簡単に言うとcoldplay meets blink182か?とにかく美味しいトコ取りな訳。それに英才教育を受けそして映画のサウンドトラックを聴いて育ったボーカルの書くメロディもナカナカ面白い。エルレとかkeane好きな若者は買いだと思う。

    エルレと言えば自分が19か20の時、当時中古で150円でマキシ買ったんだよな。最近やっと目が出て流行りだしたからもうそんな値段じゃ買えないけど…まさかここまで流行るとは思わなかった。

    レミオロメンにしてもそう。ずっとデビュー時のあのペースで行くのかと思いきや、いつの間にやらタイアップでドカンだもんね。別にイヤミな昔のファン的意味じゃないけど…まあこれからもいい音楽作って下さいなって事で。

    やっぱ2年のブランクは大きいですな。次からもっと頻繁に帰国しよう。

    こんなところで報告終わります。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [たまーだ日記]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。